まさかうちの子が…。親がすべき子供の心のケア

子どもが学校に行けなくなったとき

子どもが急に学校に行けなくなることがあります。理由を聞いても、子ども自身がはっきり答えられないことも珍しくありません。そういう時、多くの子どもは、登校しなければいけないことはわかっているのにどうしても行けないという状態にあります。友だちとのトラブルや小学校から中学校へ進学したことによる環境の変化なども原因として挙げられますが、子ども自身、どうして行けないのかよくわからないということも多いです。
子どもが不登校になると、親は不安にも心配にもなり、「ちゃんと行きなさい」「どうして行かないの!」と怒ってしまうこともあるでしょう。しかしこれは良くありません。学校に行けなくなったお子さんの多くは、このままでいいとは思っていません。そこで親に怒られると、ますます追い詰めらてしまいます。
それでは、親は不登校の子どもに、どう対応するべきでしょうか。

お子さんの心のエネルギーの回復を待ちましょう

まずは、不登校は悪いこと、恥ずかしいことという思い込みをやめましょう。不登校の子どもは、疲れ切って精神的なエネルギーがマイナスの状態にあります。今は休養が必要な時期なんだと考えましょう。たっぷり休めばエネルギーが回復し、再び登校できるようになることもあります。
登校できない理由を問い詰めてはいけません。お子さん自身から話すようになったら、気持ちに寄り添いながら聞いてあげましょう。「そんなことするからじゃない」「あんたが悪いんでしょ」など、一方的に決めつけて否定してはいけません。大変だったね、辛かったねと共感されることで、子どもは親を信頼し安心して話せるようになります。
また、家庭での過ごし方は重要です。いつ起きていつ寝ているかわからないような生活はさせず、ペットの世話など家庭内での役割を持たせたり、何か夢中になれる好きなことがあればそれをさせてあげるのもいいでしょう。

© Copyright School Refuse Caring. All Rights Reserved.